Top




Hd information
by Hisazumi_Pee

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
contact us
カテゴリ
全体
information
works
recruit
report
Designer'sImpression
pee's friends
以前の記事
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Designer's Impression vol.17 世界の本棚より
こんにちは。「世界の本棚より」の時間です。
今回は「大塚の本棚」をご紹介します。

というわけで、お気に入りの本の話を2つ。

b0157249_225735100.jpg

b0157249_22582615.jpg

まずは気付いたらハマっていた
インテリアショップ「Habitat☆ハビタ☆」のカタログの話です。
「Habitat」とは1964年創業の海外のインテリアショップの一大チェーン。
残念ながら現在日本国内には展開されておらず
カタログ自体手に入れる事が非常に難しいんです。が‥
僕の本棚には9冊のハビタのカタログが。(自慢!鼻の下がのびてます。)

さかのぼること5年前、とある打ち合わせ中に、Habitatのカタログを
探そうということになり、毎日ネットで検索検索。

おかげで五年経った今でも「Habitat検索癖」は抜けず‥
毎日、検索検索。ひたすら検索検索。
ついでに「VITRA」の冊子を落札してみたり…。

Habitatのカタログって調べているうちに同年のものでも色違いがあったり‥
年代によっては本当にカタログチックだったり、
デザインや写真が凝っていたりと
いろいろで見ているのが楽しいんですよね。
まだ色違いがあるんじゃないか‥とか
もっといいデザインのモノがあるんじゃないか
と思うと気になって仕方が無い!!

ちなみに代官山のとある海外本を取り扱っている店には
倉庫にはまだ数種類の「Habitatのカタログ」があるらしい
いつか買いしめたいです。

b0157249_22585396.jpg

もう一つは古〜い海外雑誌の話。
「BETTER HOMES AND GARDENS」「FAMILY CIRCLE」という
ライフスタイル誌(英語がわからないのでそういわせてください。)が
数冊あります。
発行された年代は1967、1968、1973。
見た目もさることながら、開くと当時のアメリカの匂いがぷ〜んと。(ホンマですって!)
自分がまだ生まれていない時代の雑誌が手元にあるってとても不思議ですよね。

b0157249_2259181.jpg

中身を見ても1ページづつフレームに入れても飾れそうなほどの広告ページ。
時間に余裕のあるとき本棚の前でながめるのが好きっす。

しかし、デジタルに頼らないデザインワークは
今の僕にとっていろいろ考えさせられます。

ちなみこの古雑誌たちは京都のお店で購入しました。(今回はネットショッピングですが)
僕が京都に住んでいたときには無かったんです!
悔しい〜っ。


近況:

b0157249_2333773.jpg最近、購入した小西康陽さんのリミックスアルバム。
それにたまたま入っていた
橋幸夫さんの「恋のメキシカン・ロック」。
毎日これでテンションあげてます。



b0157249_2051396.gif
[PR]
by Hisazumi_Pee | 2010-03-30 23:10 | Designer'sImpression
Audi magazine 3号目ができました!
b0157249_17272657.jpg

Audiオーナー限定のAudi magazine、vol.3ができました。

今回の新車紹介のページは、 A5 Sportback(スポーツバック)。

子供のころ、"お父さんのクルマ"ってかっこいいものの象徴じゃなかったですか?
そんな子供の目線でビジュアルを作ったらどうだろう?ってことで
家族をモチーフに撮影。
天気がよかったこともあり、爽やかで気持ちのいいシーンが描けた気がします。

引き続き、フォトグラファーの横浪 修さんが仕切りにオススメされていた
CDをかけて、表紙の撮影。

それは40男の生き様を熱く歌うミュージシャン、さとうもときさんの曲。

彼の音楽をかけながら撮影に打ち込む横浪さんのうしろ姿が、
曲とリンクして眩しく、"働くお父さん"というタイトルで
メイキングムービーを作りたくなるほどだったそう。
40男のスタッフが多かったこともあり、なかなかハマってたらしいです。

さとうもときさん、ぜひ一度聞いてみてください。ちょっと泣けます。
b0157249_17265892.jpg

さらに、冨永 愛さんの登場するページは、フォトグラファー山本光男さんの撮影。
東京タワーを背に、Audiと佇むその姿は凛々しいの一言です。

もっと中身を覗きたくてなってきました?
春だし、気分いいし、気になった方はお散歩がてらにAudiショールームへ!

b0157249_17275147.jpg
[PR]
by Hisazumi_Pee | 2010-03-26 19:46 | works
レアものは大変です!
事件です!オフィスの時計が壊れてる!誰?超常現象?

原因はさておき、なんとか修理せねば。。。
けど、、、わが社の時計、ドイツの時計メーカーJUNGHANSの生産数限定モデル。
画像をお魅せできないのが残念ですが、日本にいくつあることやら、、、(汗)
 
挑戦その1:
購入店へ連絡→輸入の限定ものなので云々、、自分たちで探すことに。。(涙)

挑戦その2:
渋谷区の時計屋に持ち込む&ひたすら電話相談⇒NG(涙×2)

挑戦その3:
JUNGHANS正規輸入代理店でもNG(涙×3)

挑戦その4:
購入店になんとか再交渉して引き受けてもらう⇒よかった!!!
 
時計が故障中だとわかっていても、つい時計が掛けてあった場所をみてしまう。
あるときは気にしなかったが、実際なくなると困ることに気づき、
時間を知ることの必要性と手がかかっただけに、
時計への愛着がわいてきた今日この頃。
 
なくして気づく、まさにこういったこと。。みなさん物は大切に!

b0157249_1655822.jpg
[PR]
by Hisazumi_Pee | 2010-03-19 16:48 | information
夢を叶えるためのカタログ「JOY 2」!
b0157249_12133117.jpg

インテリアショップACTUSの新しいカタログ「JOY 2」ができました!

今回は、本誌カタログ約170ページに加え、
特別編集のbook in book「家がすき」70ページ、計240ページと
ボリューム感たっぷりの仕上りです!

 「夢を見ることから、はじめよう。
・・・人は夢を持ったとき、その夢の半分はもう叶っている。」

これは本誌カタログにある言葉。

自分の好きな時間をていねいに過ごす・・・
そんな暮らしを実現するには、まずは夢を見ることが第一歩。
なんだか心にじんわりと勇気がわいてきませんか?

みんなの夢見る暮らしを実現出来るよう、あたたかく、
やさしく背中を押してくれる、アクタスらしい一冊に仕上がったのでは?

book in book「家がすき」は、アクタスのインテリアで
暮らしを楽しんでいるご家族40組を取材したインテリア訪問記。
のんびりと楽しみながら眺めていただけるようにと、
"ゆるさ"のある誌面づくりを目指しました。

そのbook in book制作スタッフのアクタス伊東さん、
編集綾田さんはとにかく熱い!
いいものを作る!というゆるぎない信念が垣間見え、担当デザイナーも
その熱い思いに応えるべく、1ページ1ページに気持ちを込めたそう。
そんな制作スタッフたちの気持ちも届いたのか、評判も上々とのことです。

全国のアクタスショップ、またはオンラインで入手できますので
ぜひご覧になってみてください。b0157249_1147030.jpg
[PR]
by Hisazumi_Pee | 2010-03-18 12:12 | works
LEON4月号 この春はキメキメよりも・・・
b0157249_16525488.jpg

LEON最新号ができました。

これまで「楽ジャケ」「デコパン」をそれぞれ特集してきましたが、
いま最も旬なのは、二つをかけ合わせた「ジャケパン」!
てことで今回は「ジャケパン」大特集です。

表紙の撮影は、当初、渋くてカッコいい!ビジュアルを目指していたのですが、
いざ撮ってみると、キマりすぎてハズすしかない!
これではタイトルにある、"楽してきめる"気分と合わないということで急遽変更!

まずは背景や光を変えて、さらに葉巻の持ち方を変えたり、
ブレスをぐるぐる巻き付けたり、背中を丸めてみたり・・・。

そんな試行錯誤の末、力の抜けた、でもちょい不良(ワル)っぽさもある
LEONらしい雰囲気に仕上がったのではないでしょうか。

あと、PITTIってご存知ですか?
なんでもお洒落な人たちの聖地とも言われるそうで、
イタリアでのメンズクラシックの見本市のこと。
(正式にはピッティ・インマージネ・ウオーモ)

そのPITTI速報スナップでも、イタオヤたちが
「ジャケパン」をさりげなく、かつ色気を漂わせて着こなしてます。
リラックス感とお洒落感のバランスが絶妙です。

この春は、リラーックスがモテる秘訣ですよー。

D/大塚將生
b0157249_1653342.jpg
[PR]
by Hisazumi_Pee | 2010-03-09 17:03 | works
Designer's Impression vol.16        electragride presents Warp20(Tokyo)

b0157249_15283883.jpg





















こんにちは、坂口です。

今回は、かれこれ4ヵ月前の去年の事で忘れかけていますが、
electragride presents Warp20(Tokyo)という
幕張メッセで開催された、 
大規模なダンスミュージックフェスティバルに行ってきました!

このイベントは2005年まで毎年行われ、
過去には、アンダーワールド、ファットボーイスリム、
クラフトワーク、エイフェックスツインなどの
著名なアーティストが登場していました。
今回はUKのWarp Recordというレーベルの
20周年記念イベントと合わせ、4年ぶりに復活し開催されました。

というわけで、当日の様子を
思い出しながら伝えていきたいと思いまーす。

ーーー
 

Hudson Mohawke pm10:30 - 11:15 

11時前、会場に到着! 
いやー、とても観たかった人!
“Butter”というアルバムが
カッコ良くて期待していました。
低音が凄くて、音を聴くというよりも
全身で波動を受け止める感じでした。
実はCDで聴く方が良かったかなと思ったり。
でも、観れて良かったです。
http://www.myspace.com/hudsonmo

 
!!! (chk chk chk) pm11:15 - 12:15

いやいやー,良いでしょう!と思っていたけど、
予想を遥かに超えて、大満足!
バンド編成なので、ライブ感たっぷり。
終始、ボーカルの変なおじさん的ダンスにつられ、
最初から最後までダンシング、
新曲もあって、ピースフルなライブでした。
http://http://www.myspace.com/chkchkchk


そして休憩です。
一息つこうとビールをゲットしようとしたら、
ものすごい混みようで…、余裕で40分待ち!


Battles am1:15 - 2:30 

いやいやいやー,大本命。
深夜にも関わらず、人がかなり多かったです。
ギリギリでビールをゲットして、一気に飲み干して突入!
これから発表されるであろう新曲をメインにしたセットで
聴き入る場面もありましたが、
“Atlas”って曲で会場は大盛り上がり!
http://www.myspace.com/battlestheband
 

Chris Cunningham Live am3:15 - 4:15

いやいやいやいやー,何気に注目してました。
思い返すと、この日一番面白かったような気がします。
この人は、ミュージシャンでなく映像をメインとしていますが、
ライブでは、3つの大きいスクリーンの映像と
効果音から徐々にリズムに変わっていく音楽に合わせて
連動するレーザー光線というステージセットがシンクロして、
完全にに引き込まれました。
映像自体は割とダークで、最初の始まりが◯◯◯を××という
強烈にシュールな映像から始まり、某宇宙映画ネタなども交えて
終始、緊張感のある見応え十分なものでした。
ぜひまた観たいアーティストです。


Flying Lotus am4:00 - 5:15 

最後は、ジョン・コルトレーンを叔父に持つLAのアーティストです。
聴きやすくはないのですが、クセになる音を作り出します。
そろそろ疲れて来ていたので一番前横で座りながら、
移り変わる音楽を楽しんできました。
何よりアーティストが楽しげにしていたのが印象的で、
最近はこんな音楽がマイブームです。
http://www.myspace.com/flyinglotus


ーーー

というような感じで、帰宅したのは早朝でした。
久しぶりのライブだったのと、
今とても観たいアーティストばかりだったので
リフレッシュできた、とても良い日でした。



近況:
次は5月にこの人たちを見に行こうと計画中です!
http://www.youtube.com/watch?v=5sps7YxLeYM

ではまたー!

b0157249_13454310.gif
[PR]
by Hisazumi_Pee | 2010-03-04 18:51 | Designer'sImpression
春の予感です
少しずつ日が長くなってきました。
そろそろ春物の準備が気になる頃。

そんな季節に手がけたのは、「JUNMEN」と「JUNRed」の
2010 Spring&Summerのシーズンビジュアル。

b0157249_17195942.jpg

20代から30代の男性をターゲットとするJUNMENでは、
定番のアイテムにフレンチアイビーの要素を加えたラインナップが揃ってます。

エイジレスな男性に向けたJUNRedでは、
こちらも定番のアイテムに、東京の今を感じさせる要素を
バランスよく加えたアイテムがズラリ。

今回はフォトグラファーに秦淳司さん、
ヘアにKenshinさん(バツグンに上手い!)をむかえての撮影。

両ブランドとも同一モデルを起用しているのですが、
それぞれのブランドの洋服を着用する事でモデルたちも表情を変え、
今期のテーマに沿ったビジュアルを展開する事ができたのでは?

撮影現場では、スタッフ同士のコミニケーションがよくとれていて、
和やかな雰囲気の中、カット数の多さにも関わらず、
とても良いグルーブ感で撮影を進められたそうです。

JUN銀座店では大きなビルボードもできているので、要チェック!

b0157249_17201377.jpg


b0157249_17194760.jpg
[PR]
by Hisazumi_Pee | 2010-03-01 17:21 | works